レイク金利調査!

同じ金額を借りた場合、ジャパンネット銀行とレイク

 キャッシング会社は、銀行系.ノンバンクと呼ばれる消費者金融などが有り、クライアントの経済的.心情的な好みで選択できます。

 ジャパンネット銀行ネットキャッシングは限度額が1千万円、実質年率2.5%から18%です。

 ジャパネット銀行ネットキャッシングの対象は、ジャパンネット銀行が提示した条件を満たす人に限ります。
 ジャパンネット銀行の口座を保持し、60歳以下の成人、当人もしくは配偶者に安定収入が有り、ジャパネット銀行の指定する保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる事が条件です。

 勤続年数が1年未満の場合は、給与明細を現時点から遡る3ヶ月分のコピーが必要です。
 
100万円以下のローンは金利が18%、100万円以上150万円以下のローンは15%、150万円以上200万円以下のローンは12%このように契約額で金利が変化します。
最高額の1千万は2.5%と成っています。

 400万円以上500万円以下の金利は6%です。




 新生銀行レイクの金利は4%から18%、融資限度額は1万円から500万円、貸付対象者は70歳以下の定収入の有る国内に住む成人です。
100万円以下のローンの金利は15%から18%、200万以下のローンの金利は12%から15%、限度額の500万円までの金利は4.5%です。

 
  同じ金額で両社の金利の比較は、ジャパンネット銀行は500万円以下の金利6%、レイクは同じ金額で金利が4%です。
ジャパネット銀行は手続きの全てをインターネット上で行うスマートな営業スタイルです。

レイクもジャパンネット銀行のネットキャッシングも、共に銀行からの個人融資ですが、ジャパンネット銀行の顧客はインターネットが使える事が条件となります。

インターネットに常時アクセスし、常日頃から駆使している人は顧客として銀行の機能を十分に活用できるでしょう。
ジャパンネット銀行はインターネット主体であり、電話サポートは営業日の9時から17時まで、週末や休日は勿論対応していません。
新生銀行のレイクは普通の人の気持ちと情報公開を大切にし、アフターケア以前のビフォアケアに重点を置いたサービスをしています。

 
 新生銀行レイク大きな特徴は、レイク会員に成る前の状態、クライアントに成らないかもしれない普通の人々に対しての24時間電話サポートが有ります。

どちらも同じ銀行ですが相反するビジネススタイルで、選ぶのはあなたです。